長州どりとは

安心・安全な鶏

食は人の生活に密着した要素です。食が「安心・安全」であることは絶対条件であり、それは人々の豊かな生活を支えることに繋がっています。私たちは食品を提供する組織として、常に「安心・安全」というテーマを追い続けています。
長州どりでは「安心・安全」というテーマの元、「薬品の残留が無い、安心して食べられる鶏肉」を目指し、「抗生物質・合成抗菌剤を一切飼料に添加しない」独自の飼料を作り上げました。
この飼料をひなから成鳥まで全期間通して投与することで、「安心・安全」な鶏肉を提供できるようになっています。

安心・安全な鶏イメージ

大自然の中で育成

長州どりは農業や漁業が盛んな山口県長門市近郊が主な産地です。長門市は海と山に囲まれた自然を身近に感じる地域で、ゆったりとした時間の流れが心にゆとりと癒しを与えてくれます。
そんな環境の中、長州どりはストレスを受けにくい「平飼い」でのびのびと飼育されています。
平飼いは健康的に鶏を飼育するための重要な要素であり、鶏舎の中に鶏を放し飼い状態にすることで、鶏が自由に動き回る環境を整え、ストレスを極力与えないように育てられています。
また、飼育地域は中国山脈に囲まれた珍しい環境に置かれた産地で、同業他社が進出していないということもあり、深川養鶏独自の生産・防疫体制が構築されています。

大自然の中で育成イメージ

ハーブ入り飼料で飼育

鶏は環境に左右されやすく繊細で弱い生き物です。抗生物質・合成抗菌剤に頼らない飼料で育てるためには、健康で病気に強い鶏を育てる必要があります。
そこで、長州どりの「安全・安心」というテーマを守りつつ、鶏を健康的に育てるために注目したのが薬効があるといわれている「3種のハーブ」(タイム、セージ、ローズマリー)でした。
長州どりでは3種のハーブ(タイム、セージ、ローズマリー)飼料にブレンドしており、健康的な鶏を育てることはもちろん、肉の風味を良くすることにも期待しています。

ハーブ入り飼料で飼育イメージ

生産者と密な連携

長州どりは、長州どりの生産に係わる規約を厳守できる生産者と契約して飼育しています。
生産者は鶏の健康を常に確認していますが、状況に応じて最適な鶏の飼育をサポートするため、生産専門の部署が生産者と密接に連携し、最適な飼育環境を構築するためのサポートをしています。
これにより、長州どりは長州どりとして飼育するため適切な環境の元で飼育されています。

生産者と密な連携イメージ
戻る